meglog

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。日常生活の雑多なことを記載していきます。

ADs

レッツノートRZの退役を考える

2014年秋モデルのレッツノートRZはWindows11は非対応だったはずだが、なぜか偶然インストールできてしまったので延命されたと思って使ってきたが、一部のネットニュースの記事では2024年のアップデートでいよいよ非対応のCPUでは使えなくなるという記述がされていたので使用継続は断念する方向でAndroidタブレットなどを使うようにしていた。

ただ、Core2のような相当古いCPUでないならばインストールして使えるという情報もあって、試してみるのは悪くないように思えている。また偶然インストールできたら、命拾いのようなもので暫くの間は一緒に過ごすことができる。ただ、使用継続できれば嬉しい反面、購入から9年であるし、そろそろ運用から外すことを考えている。たまたまOSが入ったとしても、バッテリーもSSDも交換したが、バックライトが暗くなった感じがあるディスプレイの寿命もあるし、マザーボードの電池の寿命もある。 アップデート非対応なら非対応で、オフラインで機材の制御などに使い続ける用途は残っている。ただ、そこもレッツノートQVを使えばいちいちデータをやりとりしなくて済むので、無理に最新のWindowsに保ってまで使い続け、すでに時代遅れになりつつある4GBメモリで省電力CPUの遅い処理の環境にこだわる必要はなくなっている。

持ち運びやすさを考慮してこれまで出張では性能不足でもレッツノートRZを選ぶことが多かった。たった数百グラムの重量差である。すこしフットプリントが大きいが、どっちみちおなじカバンに入れて運ぶ。それでレッツノートQVを使ってみたら快適だし、どっちみち同じUSB PDで給電するし、レッツノートQVを導入して3年でようやく持ち運び用途の世代交代をしようと思う。

レッツノートRZは廃棄する気はない。これまで大変な局面を切り抜けるために情報収集したり各方面とやり取りしたり、重要な書類を作成するのに使用してきたので、まだ何か役目があったらと思う。もうGimpもImageJも動画編集ソフトもいらないから、購入したころのように最低限のOfficeソフトと簡素なテキストエディタでの文書作成で細々とでもいいから使う場を持てたらと思う。

wifiルーターのバッテリーの不調

2021年に導入したwimaxルーターのバッテリーが気になるレベルではないものの、膨張してきて、互換品を購入して使っている。新しいバッテリーはまだ1年も使っていないはずだが、触ってみると空気の層を感じる程度に少し膨張してきた。数か月前からバッテリー保護モードになって満充電できなくなっている。そのせいで7割くらいしか充電できない。正直、使える時間が3時間くらいしかなくて持ち運んで通信したいという用途には使いにくくなっている。

導入から4年経っているし、そろそろルーターを新しく買い替えても良い時期である。電波の受信状態が悪い物を何年も我慢して使ってきて、拡張アンテナを入れたりしてきたが、別のサービスを試すとか有線に戻すとか使い方を改めた方が良いかもしれない。別のサービスというか、スマートフォンのデータ通信プランを変更するだけでもよい話である。無制限でデータ通信できるプランはそうそうないが、そこまで使わないならばある程度の容量のプランでも賄える。

今はスマートフォン側でのデータ通信は最小限にして、ほとんどはポケットwifiルーターでの通信で賄っているが、データ通信をスマートフォン側だけに一本化すれば二つの回線を契約する必要が無いので一つの端末で運用できるし、出先でwifiルーターの有無やルーターのバッテリーを気にする必要もなくなる。ただ、テザリングにすることでスマートフォン側のバッテリー消費が一層増えるので、スマートフォンのバッテリー寿命を早める可能性はある。

また、wimaxルーターが悪いのか端末が悪いのか不明だが、接続する端末によって相性があるようでつながりやすいものと、競合かなにかして突然回線が切れたり速度が出ないものがある。レッツノートQVとスマートフォンのときはほとんど競合しないのだが、ゲーミングノートのときはスマートフォンと競合して接続がうまくいかないことがある。有線接続のほうが良いのではないかと時々思う。

Androidタブレットは出張で使えるか?

出張にレッツノートQVとXiaomi Redmi pad SEを持って行った。電源確保の為に延長コンセントも持って行った。タブレットに沿えるBluetoothキーボードはかさばるので持って行かなかった。情報提示する手段は今回は紙媒体があったので、情報端末は不要な気がしていたが、試行を兼ねて持って行った。着替えの衣服も含めて小さめの22Lくらいのリュックに収まった。大きいリュックにしておけばもう少し余裕がある運搬ができたと思うが、滞在期間がたった2泊3日で宿泊先が違う場所だったので、そこまで大きな荷物は不要に思えた。

今回は、延長コンセントを接続して2つの端末を使った。また、PCからはUSBケーブルでwifiルータースマホに給電した。レッツノートRZのようなスペックの低い端末を我慢して使うのと違い、画面サイズも処理速度も十分あって使う分には快適だった。ただ、実際は情報端末はほとんど使わなかった。情報提示の必要が無いし、メール送信やファイル作成などの用途も無かったため、PCは無くても良かった。敢えて要るならタブレットだが、それも無くて良かった。一日の日程が終わってホテルの居室でPCを使う余裕が無いほど疲れたし、正直PCは使わない状態に等しかった。

そうは言っても、出張の用途以外にもメールの応答や添付ファイルの処理に迫られる可能性はあるので、無くて良いというものではないのが難しいところで、取り出して使えそうな端末は一つははあったほうが良いし、体裁が整った文書ファイルなどが作成できる環境である必要はある。所詮スマートフォンを稼働させるためのOSの機能でついで感覚で動いているのがスマホアプリという認識だったが、10年以上前のAndroid OS ver.2.2のころの得体のしれないアプリばかりマーケットに並んで、iOSは多少ましなアプリもあるがローカルにファイルを保存できないので結局不便、とアプリに正直使えるものが全くなかった頃に比べるとましになっている。ただ、PCからの移行を進めるには、所詮スマホアプリというイメージがまだ残る。

Androidタブレットは情報提示の際の補助で使用した。PDFファイルやImageJでの特殊画像の提示に使えた。バッテリー持ちも良い。officeファイルがExcelの数値処理やPowerPointの画面レイアウトなど、どこまで互換性を保って編集・表示できるかという問題はあるが、今回の用途ではタブレットだけでも賄えたと思う。だから、もっと小旅行だったらタブレットで十分と感じた。それでもXiaomi Redmi Pad SEは大きさと重量がそこそこあるので、ある程度実用的な動作ができるような8インチくらいのタブレットを調達するのも方法かもしれない。

出張に備えた情報端末の準備

昨年、ある出張にレッツノートRZとAndroidタブレットを持っていった。レッツノートRZのほうはバッテリーを交換したばかりだったので、まだまだ持ち運べるという感覚だった。

そこまでアウトプットする用途はなかったのは幸いだったが、殆ど使わず机の上に置いて電源を入れておくだけのはずなのに、画面が狭いし処理が遅いのでストレスを感じた。タブレットの方も、当時はまだEGBOK P803を使用していたので、PDFを開いたり資料を提示するときに一定使えたが、8インチという画面の狭さで若干使いにくさを感じた。

今度、同じイベントの今年度の出張が控えていて、今年はレッツノートQVとXiaomi Redmi Pad SEを持っていくことにした。昨年の様子を見ているとほとんどPCの方は使わないと思うが、今年は情報交換を活発にする必要があるためにタブレットの方はPDFをファイルにした資料をいくつか用意して提示する用途で用いる。EGBOKより画面が大きいし明るく表示できるので、試しに表示してみたのだが相手に見せやすい。

更にはweb版のImageJも使えるので、特殊な画像だろうが一緒に表示して相手に見せることができる。もう一つは、タブレットのほうがバッテリーもちが良いのでPC代わりに使えるかもしれないと思っている。メールもタブレットで対応可能であるし、相手と情報交換した際に踏み込んだ情報を入手するうえでも使えそうである。Bluetoothキーボードは昨年も持参したが、今年も使おうと思う。

それに伴って延長コンセントや充電ケーブルも持参する。延長コンセントは昨年購入したUSB PDコネクタが付いているものではなく、新たに購入した普通の延長コンセントを使う。PC用のUSB PD電源アダプターが大きくて、隣接するところに他の電源アダプターを挿し込めないというトラブルがあったので、出先で効率よく電源を利用するために新しいコンセントを使ってみる。

今回、延長コンセントやタブレットを実際に出先で使用してみて、PCがなくてもストレスを感じず我慢して使えるレベルだったら、今後の数日程度の軽い外泊のときの携行セットとしてPCは置いていきタブレットを投入するとか、タブレットすら持たずにスマートフォンBluetoothキーボードですべて済ませるとかの参考にしようと思う。