めぐろぐ

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。日常生活の雑多なことを記載していきます。

ADs

家電量販店の品揃え

数日間の出張を前に、携帯するPCをレッツノートQVにするか既にPowerPointファイルは作成済みで先方のPCで使うことは確定しているのでUSBメモリだけ持っていき、何らかの用途で需要が生じたときのつなぎとしてレッツノートRZやandroidタブレットを持っていくというもう一つの対応を考えていた。それで、タブレットを持っていく場合の対応としてBluetoothキーボードの携帯性に優れたものが店頭で手に入らないかと思って家電量販店に見に行った。

ある量販店に行ったところ、そこまで高価ではない商品が置いてあったのだが、実際のところは売り場に吊るしてあるのは商品の箱だけであり、品物は取り寄せ配送というシールが箱に貼られてある。よく見ると、売り場の品物でかなりの割合のものが箱だけ展示で商品は取り寄せというものだった。

品揃えが充実していると思ったら、箱だけという偽装である。店舗に行くメリットはすぐ物が手に入るからであって、多少高くても店に行くメリットはそこにあるのに、行ってみると在庫の無い抜け殻のような状態である。据え付けが必要な大型家電ならばそこに在庫を置く必要は確かに無いが、そこまで大きいものでもないような小型の電子機器でもその理屈を適用すると不便である。

要するに、店で見てネットで買えというメッセージなのかもしれないし、物を店で買うという行為がオワコンという証左なのかもしれないが、ネットのサービスでは大手が大体一人勝ちになる構図であり、家電量販店の販売サイトは商品の検索がしづらくて出遅れている。彼らが何をどう売りたいのか、よくわからなかった。

その後、もう何店舗か見て回ろうかと思ったが結局やめた。大人しくレッツノートQVを持っていき、今後PCを携帯するライトな用途に備えてRZを持っていくようにするか、UMPCでも買うことにした。

レッツノートQVを持ち運ぶ体制

ここ数日、数週間後の出張で提示する資料作成のためにレッツノートQVを持ち歩いている。

所属先にはゲーミングノートPCがあるのでそれを使えばよいのだが、画面解像度がレッツノートより低くて粗い感じがするのと、画面が大きいので目の前で広く表示される割に情報量が少ないし、複数ウインドウで表示するには解像度的にもサイズ的にも半端である。その点、レッツノートQVは小さめの画面だが、視野に収まる範囲で情報が表示されるので集中して使えるし、購入当初はやたら軽い感じがしていたキーボードだが打鍵しやすいので持って来て使用している。

使いやすいというほかに持ち運びに慣れるというのもある。肩掛けカバンだと重いのでリュックに入れている。リュックだと肩にかかっていた重みを感じなくなる。8月中旬の外出で持ち歩いた際は、小さいリュックだったので空間に余裕が無く、下手に詰め込んで損傷してもよくないので余裕を持たせた位置に収納していた。それに持ち運ぶ水などが加わって負担感を感じたというのもあるが、重量面で重いと苦痛を感じることはそこまでなかった。今回もPCを持っていく方針でよいとは思う。

資料の準備をしながら、少しずつインストールしているソフトウェアのアップデートを進めてきた。これで使用中にアップデートを始めたり、バージョンが古くてうまく動作しないといったトラブルも避けられる。出張の持ち運びは予定通りレッツノートQVにするか、レッツノートRZにするか、荷物の軽量化を狙ってAndroidタブレットでEGBOK P803を持っていきファイルはUSBメモリに入れて出先のPCに入れるようにするか、その辺はまだ迷っている。

ただ、PCを使うのであれば処理の遅さを気にすることなく使えるうえに重量面での負担感はそれほど増大しないレッツノートQVのほうが適しているし、スマートフォンがあるのにそれよりも性能が劣るAndroidタブレットをPC替わりのためにわざわざ持っていく必要も無いように思う。あ